アジャイルマーケティングとは?

Beyond PRに掲載されたいた記事を元に、アジャイルマーケティングなるものをご紹介します。そしてアジャイルマーケティングが広報に与えるインパクトを考えます。

アジャイルマーケティングとは?

プログラミングの世界ではおなじみですが「アジャイル」という名の通り「反復」に象徴されるアジャイルソフトウェア開発の手法を取り入れたマーケティングコミュニケーションのことです。

平たく言うと、「縦割りの組織を壊し、顧客の反応を見て素早くマーケティングコミュニケーションをみんなで設計しましょう。」というところでしょうか。

The Impact of the Agile Marketing Trend on Public Relations (via Beyond PR)

アジャイルマーケティングが広報に与えるインパクト

さてアジャイルPRとでもいいましょうか、この手法が伝統的な広報に与えるインパクトを考えてみます。
こちらも平たく言うと、PRチームはマーケティングキャンペーンと連携しながら迅速にコミュニケーションメッセージを調整し、ネガティブな事象を回避し、めまぐるしく変化するチャンス(例えばニュースジャッキングのような)を上手く利用するのです。
今この瞬間に何が人々の会話のトピックになっているかをよく耳を傾けることでが大事で、これにあわせてそしてメッセージを調整していくのです。

アジャイルマーケティングが広報のプロに要求するスキル

  1. メッセージやターゲットの迅速な調整が要求されるキャンペーンとの連携する能力。(例えばソーシャルメディアを利用したキャンペーン)
  2. 顧客へのメッセージ、コンテンツ、タッチポイントのカスタマイズに焦点をあてることができること。
  3. 迅速なアジャイルアプローチのために、意思決定やプロセスの再調整ができること。
  4. 従業員に力を与えること。社内のソーシャルメディアに活動的なスタッフやインフルエンサーを見つけて育てること。
  5. リアルタイムな情報に敏感なこと。そのためソーシャルメディアのモニタリングができること。

以上、アジャイルマーケティングでした。

 

Comments are closed.